第9回 今田竜二選手、優勝!

日本人プロとしては何と5年ぶりのUSPGAツアー優勝を今田竜二選手が成し遂げてくれたのはご同慶の至りです。彼はデルマーストレートシャフトとニューポートスクエアバックのストレートシャフトを使用していますが、以前にはオイルカンフィニッシュのブルズアイを使っていたこともありましたので、どうやらセンターシャフトが好みのようであります。今回使用していたパターはフェースのトウとヒール部分にウェイトが埋め込まれていたのを皆さまお気づきでしょうか?彼は割りと短いシャフトのパターを好むために、スウィングウェイトアップのためウェイトを装着しなくてはならないのですが、デルマーはソール部分が薄くて、ウェイトを装着する余地がありません。そこで苦肉の策としてスコッティはフェース面にウェイトを埋め込んだのです。TVにはヒールのダンシングキャメロンのスタンプの上にドカンと埋め込まれたウェイトがハッキリと映っていました。
当ショップではこれまで彼と同じスペックのブルズアイ、スクエアバックストレートシャフト共に販売致しましたが、デルマーストレートシャフトも近日中に入荷を予定しています。どうぞご期待下さい。
それにしてもここ11試合中9勝というスコッティキャメロンツアーパターの勝率をみなさんどうお思いになりますか?

第8回 ミーティング及びトーナメントについてのご案内

スコッティキャメロン ミュージアム&ギャラリーのメンバーの皆様、
並びにサークルTコラムをご覧の皆様にご案内申し上げます。

第3回ミュージアム&ギャラリーミーティングとゴルフトーナメントの開催にあたりまして、以下の予定で準備を進めてまいります。特に海外からお越しいただくお客様には
長期に亘る滞在中に、ご一緒にお越しいただくご家族の方々にも楽しんでいただけるようにしたいと考えております。

10月14日(火)  コースナビゲーターを付けてのコース視察、練習ラウンド
10月15日(水)  プレトーナメント
10月16日(木)  京都日帰りツアー
10月17日(金)  東京日帰りツアー
10月18日(土)  M&Gミーティング
10月19日(日)  M&Gゴルフトーナメント

詳細については決まり次第ご案内いたします。
予定ですので、変更の可能性がございます。

第7回 復活

今週のザ・プレーヤーズ選手権は劇的な幕切れでセルヒオ ガルシアが彼自身3年ぶりの優勝を飾りましたが、前回のサークルTコラムでガルシアのことを取り上げたばかりの勝利とは、まことにスコッティキャメロンツアーパターファンとしては溜飲の下がる思いをしました。
彼はテーラーメイドに移ってからほどなくロッサパターを使用するようになり、つい最近まで色々なモデルをとっかえひっかえ使用していました。しかし、今年に入って(今年と言ってもごく最近だと思います。)ついにスコッティのツアーパターを再び手にするようになったのです。当社社長も4月にスタジオを訪問した際、セルヒオがスコッティのパターを使用し始めたということは関係者から聞いたようですが、こんなに早くその効果が現れるとは皆さまも思ってらっしゃらなかったのではないでしょうか?
しかしながら彼の復活にはスコッティのパターが大きく貢献した事は明白です。彼は本当にここ数年パッティングが不調で、そのパッティングの不調が彼のゴルフ全体を悪くしているようでした。ところが今週はここぞというパットを数多く沈める事ができ、それが最終的にはプレーオフでの勝利を呼んだことは確かです。
いかにゴルフにおいてパッティングが大事か、ひいてはパッティングツールであるパターがどれだけ大事なものであるかは、プレーオフでの勝利確定後、契約関係も忘れてグリーン上で大きくパターヘッドにキスをするセルヒオの姿が示していました。因みに彼はニューポート2を使用しています。

第6回 優勝

アダム スコットとダレン クラーク、ダブルでスコッティキャメロンツアーパターが世界で勝利を挙げた4月の最終週でしたが、その前週には国内女子で馬場ゆかりプロがスコッティのパターで優勝しました。彼女はDel Mar3.5とNewport2.5 Selectを併用しています。また、今週はアンソニー キムがNewport2 T10 selectで優勝しています。スコッティのツアーパターにとって今年は大変な勝利数の年になる予感がしますが、そんな勢いのいいスコッティのツアーパターユーザーにセルヒオ ガルシアも戻ってきました。彼はNewport2 SSSを現在使用しているようですが、スコッティのパターで再びかつての輝きを取り戻してもらいたいですね。