第2回 メンバーシップ及びミーティングについて

1回目に書きましたように、今回は個々のパターについてお話しするつもりでしたが、ミーティングについてのご質問をいただきましたので、予定を変更してスコッティキャメロンミュージアム&ギャラリーメンバーシップについてお話申し上げます。

簡単に言えば、スコッティキャメロンと彼のツアーパター大好き人間の集まりです。色々な特典もございますが、そちらの方はサイトでご確認いただくとして、ミーティングについてご説明いたします。

毎年1回、2日間の日程で開催しています。もちろんスコッティ本人も来日して参加してくれます。1日目はスコッティとのミーティング、この日のために用意したスペシャルパターや限定グッズの販売、パーティとサイン会といった内容になっています。38020070630_b_785.jpg38020070630_b_266.jpg38020070630_b_264.jpg

2日目はゴルフトーナメントと表彰式です。去年のミーティングでは、ツアーナパを愛する渡辺貞夫さんが、1日目の夕食後にライブ演奏をしてくれて大いに盛り上がりました。又、ゴルフトーナメントの優勝者にはスコッティのハンドメイドトロフィーが贈られました。

ぜひ皆様ミュージアム&ギャラリーのメンバーになっていただいてミーティングにご参加下さい。既にメンバーの方には、今年のミーティングで“こんなことしたらどう?”というアイデアをぜひご提供いただけたらと思います。よろしくお願い申し上げます。

第1回 スコッティの現在について

今回からミュージアム&ギャラリーウェブサイトにお越しのスコッティキャメロンツアーパターにご興味をお持ちの皆様に、スコッティの最新情報やツアーパターの色々を随時ご紹介して行こうと思います。第1回の本日はスコッティの現在についてです。スコッティのツアーパターは現在USPGAツアーでパター使用率の第一位を長年に渡って独走しています。彼のパターを愛するプロ達はタイガーを始め、知る限りの有名プロたちが必ずスタジオを訪れているという事実からも、ただの道具というカテゴリーでは収まらない何かを持っているのだと思います。スコッティは現在、年間10試合程度トーナメント会場に出向きます。他の試合はタイトリストのツアー担当者がフォローしています。1月下旬から始まるカリフォルニアシリーズの一ヶ月間は彼が一番忙しい期間となります。何故ならばプロ達はその期間にこぞってサンディエゴ郊外にあるスコッティのスタジオを訪れるからです。そこではパター選びパター調整、果てはパッティングストロークの修正まで長時間に渡るスコッティとのセッションがプロ達の予約によって1日中行われます。スタジオの設備は他に類を見ない充実したもので、ツアープロ達は否応なしに自分のパッティングストロークのくせやウイークポイントを見せられる事になります。そしてその欠点の修正法やストロークにマッチした素晴らしいパターをフィティングしてもらったプロ達はスコッティのパターの素晴らしさを改めて認識する事になるのです。現在スコッティのスタジオにはツアープロ達とスコッティのごく限られた友人しか入ることが出来ません。ですから中の様子を知ることは事実上不可能ですが私共のスコッティキャメロンミュージアム&ギャラリーにはスコッティ自らが案内するスタジオ内部を撮影したDVDが常時上映されています。ぜひ一度お立ち寄り下さい。次回からは個々のパターについてお話し致します。ご期待下さい。

サークルTコラムスタート !

スコッティキャメロン ミュージアム&ギャラリーより、”サークルTコラム”をはじめました。