2018 Sony Open in Hawaii 

今年もソニーオープンへ出場している日本人プロのサポートへ行って参りました。

例年よりも天候に恵まれ、とても過ごしやすい気候となりました。

今回はイエローのフラガールヘッドカバーが選手に配られました。

日本からはキャメロンユーザーの宮里プロ、小平プロ、小鯛プロが出場致しました。

今年も会場には新しいモデルが用意され、初投入となったLagunaモデルをたくさんの選手が試打していました。

ジョーダン・スピース選手はグリーンで器具を使いながら念入りに体のスクエアを確かめていました。

パッティングにおいて、体のスクエアは非常に大切でストロークの軌道に影響しますが、名手のスピース選手でさえ試合前にチェックをしていました。

数多くの選手がキャメロンさんのところに集まり、パターの相談をしていました。

Comments

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

Leave a comment

お気軽にコメントをどうぞ!